マンション売却のコツ!相場より高く売るための注意点は?

マイホームブームもはるか昔。
マイホームを購入するのが当たり前で、通勤時間を顧みずに郊外でも良いからと、一生懸命マイホームを購入する人が大分減ってきました。
最近ではあえて郊外にマイホームを購入などせずに、利便性を重視して都心の賃貸住宅で生活をするという人達も増えてきています。

そのような中、一生懸命マイホームを購入した世代が、子供へ相続を開始するようになってきました。
子供達は都心で便利な生活をしています。

今更郊外の一戸建てへ戻る必要など微塵も感じません。
余った持ち家はどうすれば良いのでしょうか。

一刻も速く売却しましょう。
不便な郊外で好き好んで生活しようとする人達は、加速度的に減少してくはずです。

あなたがもし、相続などの理由で郊外のマンションを所有しているのであれば、できるだけ速やかに売るのが良策ではないでしょうか。
その価値はどんどん無くなっていきます。

しかしながら、相続したからといって、何でもかんでも速やかに売却していまうというのはまた違う話です。
もし相続した物件が、都心で交通の便が良い場所にあるのであれば、貴方が住んでみても良い思う場所にあるのでれば、じっくりと納得の行く条件のオファーがあるまでマンション売却は待つべきでしょう。

きっとそのマンションは、値崩れしないはずです。
もしも売却できないのであれば、貴方がそこに住めば良いだけなのです。
貴方が住んでみても良い思うマンションなのですから。

参考:マンション売却

マンション売却のコツは購入から始まる!

わたしは10年前に新築分譲マンション購入を行いました。
当時は東京勤務でしたが最終的には生まれ育った関西に戻るため、売却が前提でそれなりに価値がある物件の購入、かつ子育て、生活に便利な物件を探したわけです。
ということで物件に関しても実際に住むまでに3年かかるという長期プランの大規模マンションの購入になりました。

あわよくば、15年程度住んで、損することなく処分できればいいなという目論見でした。
というのはあくまで理想で実際に職場のジョブローテーションはそんな簡単にいきません。
実際には3年計画で購入、2年住んだ時には転勤の辞令が出てしまいました。

結局、中古マンションとして売却することになってしまったわけです。
プラン通りだったのは価格の面です。
実際に購入した時よりもかなり物件価格も上がって、ローンを完済したばかりか、物件を売ることでかなりの利益が入ってきたわけです。

といいながらも、家内も子供たちもかなり気に入っていた物件だったので、本来であればもう少し長く住むことができれば、なお良かったかなというのが正直なところです。
今考えても、あんなお得な物件の買い物は、なかなか出来なかったなと感心しています。
人生でも最も印象的でお得な買い物でした。

マンション売却のコツは一括見積もり!

マンション売却をする時はなるべく高く売れるように流れを正しく決め、事前に流れを把握すると便利です。
物件を売る時は時期によって査定金額が異なるためインターネットを使って一括見積もりをすると参考にすることができ、信頼できる仲介業者を選ぶと安心できます。

マンションを売却する時は買い手が見つかれば引き渡しができ、お互いに満足ができるように考えると効果的です。
物件の査定金額は一括見積もりをすると相場の金額を把握できるため、なるべく高く売るためには仲介手数料などを安くする必要があります。

マンション売却は物件を売って引越しをする時などにすると効果的で、なるべく高く売るためには需要が高い時期を選ぶ方法が望ましいです。
物件を売る時は仲介業者に依頼するため仲介手数料が必要で、金額を確かめて今後の計画を立てる必要があります。

マンション売却をするための手順の決め方はなるべく高く売れるように流れを決め、税金が発生するため金額を確認して今後の節税などに活かせるように考えると便利です。
物件をなるべく高く売る時は複数の会社の査定金額を比較して信頼できる会社を選び、なるべく高く買ってくれる買い手が現れるように物件の状況をアピールすると効果を出せます。